バーストラウマって何ですか?

バーストラウマという言葉は、あまりよくご存知でない方が多いかもしれません。



確かに私も知らなかったです。




この言葉を知って、一悟術ヒーリングに出会ったような所もあります。(ある方に、バーストラウマを癒すことで、子供と付き合いやすくなりそうだと提案され、たまたま一悟術ヒーリングに出会ったのです。)




バーストラウマは、定義的には、胎児期から生後3ヶ月までにうけた心の傷や満たされなかったおもいを指します。




一方で、インナーチャイルドは、生後3ヶ月から青年期までに受けた心の傷や満たされなかったおもいのことです。




バーストラウマは、母親の胎内にいた時に母親がうけたストレスの影響や、出生時の状況が大きく関係しています。



妊娠中母親がストレスを感じていると、胎児にその影響が及びます。例えば、母親が妊娠中、嫁姑のストレスに悩んでいたとか、仕事が激務であったりすると、胎児にもそのストレスの影響があります。



出産時の状況は、自然なお産から離れれば、離れるほど、子供へのトラウマの影響が大きくなります。



私が産まれた時は、母の胎内から産まれるまで3日ほどかかり、陣痛促進剤を使用したり、最後に吸引分娩になったり、生後は新生児室ですごした(少しこの時の記憶というかイメージはあるのですが)ということがあり、そんなことがバーストラウマに影響しているかと思います。




また、私自身が息子を出産するときに、どんなふうにバーストラウマを考えて、また、ある程度の医療介入と、いかにトラウマを小さくおさえるかについて考えた過程を以下の記事書いてあるので、よかったら参考にしてください。

バーストラウマは、この世に誕生するときに感じた辛さや苦しみでもあり、いかに安産であっても、人類の身体の構造上ある程度のトラウマは避けられないものとなっています。



しかし、現代の出産事情では、医療の介入がかなり大きなものになっているので(このおかげで、新生児や妊婦の死亡率もさがっていることは確かなのですが)、生まれる時の自然な状態ということからは、離れてしまっている面があります。



ご自身の出産時の状況など、できたら、親などからも聞いて、自分のバーストラウマがどの程度かのか、気になる方は調べてみるとよいかもしれません。



一悟術ヒーリング 多良見かなえ

一悟術ヒーリングを提供している多良見かなえのサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000